ホームページ > 釣行記 ( メバル , 海ルアー ) > 根魚天国で朝まで釣りまくり!のつもりが…

2010年06月12日

根魚天国で朝まで釣りまくり!のつもりが…

2010061201.jpg

昨年、色んなものが釣れて、そこそこ良い釣りが出来た答志島。
一年経つと徹夜明けに味わう後悔の念などすっかり忘れ、また無謀な計画を実行に移してしまった。
昨年は6月末に行ったので、メバルの型が小さく、数もアジの方が多いぐらいの状況だったので、今回は少し早めの6月前半としてみた。


2010061202.jpg最終便より1本前の船で島に渡って、明るいうちに下見と称して竿を出してみた。
案の定、チビメバルやらチビタケノコやらまあまあサイズのカサゴやでっかいムラソイが釣れまくって、こんなの全部キープしてたら翌日の始発便に乗る頃にはクーラーの紐が切れてる恐れがあったので、下見段階では全部リリース。(あ、まあまあカサゴはキープしてたかな)
とにかく魚影の濃さに感動しながら、日没を迎えたのであります。


19:00 日没。アタリが完全に止まる。でも日没直後のいつものパターン。
20:00 まったくアタリ無し。
21:00 たまにアタるが10センチぐらいのメバル。
22:00 入れ食いポイント発見!10センチ以下だけど楽しい。
22:30 ここまで移動しまくり。クーラーの中は微妙なサイズのメバル1匹。
23:00 すでに足が痛い。始発まで8時間。
23:30 堤防で寝る
00:00 蚊に起こされる
00:30 堤防で寝るもすぐに蚊に起こされる。仕方ないので釣り開始。
01:00 帰りたいけど始発まで6時間。


テトラ帯へ行くとエサ釣りおじさん達が騒いでる。
誰かテトラから夜の海にでも落ちたのかと思ったら、なにやら結構いいサイズのメバルをぶら下げてる。
さっきまで「こんな釣れない答志島初めてだねぇ」なんて言ってたのに、疲れを知らないおじさんたちは夜の巨大テトラ帯に乗り込んでナイスなメバルを穴から引きずり出してきたようだ。
「やっぱテトラに乗らなきゃ!」なんて言われたけど、「そんな恐ろしいこと出来るか!この野郎」と心の中で思いながら堤防からテトラの際に向かって投げたりしてたけど、アタリすらなく、おじさんの仲間たちは次々とでかいメバルをぶら下げてきます。
2010061203.jpgそれを見た私は、「足場のいいテトラなら乗ってみてもいいかな?」とまっすぐ行儀良く並んでるテトラ2つを選んで渡ってみます。
おじさんたちは斜めになったテトラも平気で歩いて何十mも先まで行ってます。凄い。
たったテトラ2つだから堤防から投げてるのと大して変わらないだろと思いながらテトラ際へキャストすると、本日初アタリといっても言いぐらいまともなアタリ。
あわててアワセるとすごい引きで、そんなサイズと思ってなかったので、主導権を魚に取られてテトラに潜られてしまった。
まあそこは仕方ないので、ゴリゴリ強引に巻いて、また2回ほど穴にもぐられたけど、最後は一気に引き抜いてなんとか取り込み成功。
27センチのナイスなメバル。
ラインが1mぐらいボロボロになってた。

2010061204.jpg続けて同じ場所でガツーンとアタリ。さっきより重い!
今度は主導権を渡さず一気にゴリゴリ巻いて、一気に引き抜き。(面白くない)
尺超えたかと思ったけど28センチ。
その後友人交えて20センチオーバーを何本か釣ってもう満腹。
おじさんたちは朝までテトラに乗ってたけどどんだけ釣ったんだろう…

やっぱり他のポイントでは反応が良くなく、日の出とともに終了。
帰りの船は席に座った瞬間気絶だった。
新型の定期船だったのに、ほとんど速さを体感することなく佐田浜に着いてしまった。
来年はもう行かないかも。

2010061205.jpg


今回の捕らぬ狸の皮算用(反省)

「釣ったアジで半夜干しウマウマ」
アジなんて1匹もいねーよ!

「昨年外灯に群れてたイカたちをスッテで釣りまくり」
イカなんていねーよ!

「全ての魚捌くのに2時間はかかる」
15分でした。

コメント[6]

お疲れさん!!(^^

こっちは大シケでした。(涙)

ご苦労様でした。
足場が悪いとは言え、なかなかええサイズが居ますな。
う~んかなり行きたくなってきたが、しばらくは川かな。

>おさだとおる様
 今回は疲れました
 来年参加してください(行くのかよ)

>tatsu様
 私は装備が限られる中、雨具を持ち込みましたがギリギリもってくれました
 日曜は雨が降り出すとともに凄い風でしたね
 やはり嵐を呼ぶ人が参加でしたか?

>JUN様
 このサイズが出なかったら悲惨な釣行になるところでした
 島に渡っても、今まで尺近いやつなんて出たことも無かったのですが、離島でも足場の悪いところに入らないと良いサイズは釣れないようです。
 なんだか楽しくないなぁ
 talex届いたので今週末は川へ行きます!

はじめまして、以前より楽しく拝見させて頂いておりました。

何年も前から、菅島や答志島の方へ渡り、徹夜の釣りがしたかったのですが、勇気が無くまったく行っておりません。
(鳥羽の駐車場の不安、眠たい時の不安等)
気が小さいので・・・・
でも、これを拝見すると、面白そうですね、生きエビをエサにテトラでのミャク釣りをしてみたくなりました。

メバルの煮付けが食べたい こだわりの釣り師でした。

こだわりの釣り師さんのコメントへの返信

今の時期は凍死する心配も無いので大丈夫ですよ。
駐車場は最終便から始発まで停めて2000円切るぐらいです。
一番悩ましいのは持ち込む荷物が限られる事です。
私達はウェストバッグにクーラー、竿1本と極力荷物を減らして渡ってますが、竿が折れた時などを考えると全く良くない装備でして、でもこれより荷物を増やすといろんなポイント回れないし…といつも悩んでます。
宿を取ったらそこに荷物を置いておけるので、それが一番オススメの方法ではあります。

コメントする

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/340