ホームページ > 釣行記 ( トラウト , 川ルアー ) > 櫛田川にもいた!

2009年06月06日

櫛田川にもいた!

2009060601.jpg4時半に起床。
着替えて出発しようとしたところ、HOOKINGのJUN氏よりメール。
「すでに飯南です」
なんだってー!これは急がねば!(なんで)
燃費計の数値を気にせずアクセル3割り増しで踏み込んで現場に到着してみるとかなりの雨でした。
水量も増えてるしアマゴの活性も上がってるだろうと期待してたのに、これがかなり反応悪い状況。
本流を何箇所か回ってみましたが全く反応無し。
ダムまでの蓮川を狙ってみようと車を走らせると、JUN氏のものと思われる車発見。
「車見かけたら声でも掛けます」とメールしてあったけど華麗にスルー。


2009060602.jpgちょっと上流にある良い区間。アプローチの方法がわからなかったのですが、今日ひらめきました。
それを実行すべく少し山へ入ると、河原へ下りる事に成功。
すると右手の中指に微妙な重量感。そして薬指に触れる微妙な感触。
もう見なくても瞬時に分かってました。
「うわっうわわわ」っとか悲鳴上げながら右手をブンブン振っても取れません。
左手で掴んで引っ張ればいいんだけどそれも気持ち悪いです。
なんとか引き剥がして、河原でベスト&カッパを脱いで全身チェック!
幸い他には居ないようでしたが集中できず、魚の反応も全く無し。
結局半泣きで帰ってきたのでありました。
と言う事でボウズです。
櫛田川にもヒルいるのね…

コメント[10]

少し暖かくなると低山帯ならほとんど全部で被害があると思われます。
ヒルジン?と言う対策薬もあります。
(山仕事の方用との事ですが)

でも徳島など四国でヒルの被害を聞かないのは不思議ですが…

東海北陸自動車道のひるがのICは本当は蛭ヶ野です。

H.110さんのコメントへの返信

このサイトがなかなか面白いのですが、何度見ても気持ち悪いです。
http://www.tele.co.jp/ui/leech/index.htm
引っぺがしてもその手に付いてくるし考えただけでも寒気がします。
あの生き物、何かの役にたってるんでしょうか…

始めまして。
櫛田川上流で生まれ、現在は旧市内に住んでます。
6月以降は鮎釣が専門ですが、水がいいときはあまごにでかけます。
「ひる」 以前は櫛田川水系ではあまり見受けられませんだが、宮川
から山を越えて来たのか最近良くみかけます。
 明日は源流と本流で竿出し予定です。

hideさんのコメントへの返信

hide様はじめまして。
櫛田川のヒルは驚きました。
居たとしてもダムより上だろうと警戒してなかったのでなおさらです。
宮川源流には山ほど居たのですが、一山越えた櫛田川になぜ少ないのか不思議です。
今日の釣果はどうでしたか?
私は海でキスとアジを釣ってきました。

どうもです
7月4日は蓮川最奥の溪に入りました。
車止めに顔みしりの先行者がみえ、滝まで釣るとのことで
私は1時間歩いて滝上を釣ましたが、期待に反してばらしばかり。
魚止めまで4時間で遡行してしまい、大変疲れました。
そこそこはキープできましたが、雨後にしては魚がすれていました。
疲れたので本流は無し。
5日は京都で鮎釣の大会があり参加してきましたが
残念ながら予選敗退、2日間不完全燃焼です。

hideさんのコメントへの返信

これから本流は厳しい時期ですね。
私は7月に入ると本流釣りは諦めてます。
しかし、2日連続の川釣りとは凄い体力ですね。

さすがに最近は年を感じますが、つい最近までは車中泊(そういえば得意な人がいますね)して2日連続で源流をつめた事もあります。
十年程前には大台ケ原に行きが6時間、帰りに8時間かけて日帰りで
釣に行ったときはさすがに答えました。
 明日から大内山で12日に行われる大会の下見にずっと入る予定です。
 さてどうなることやら。

hideさんのコメントへの返信

あれ、私の知り合いの関係者ですか?
車中泊得意な人が身の回りに沢山いるので誰かわかりません^^;

こてっちゃんの連れですよ。

8日から昨日迄大内山で大会の下見でした。

今から又大内山に出動です。

さすがにしんどいですわ。

魚釣り、紀行文にヒルの写真付き文章に大笑い
でした。

コメントする

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/309