ホームページ > 戯言 ( PC ) > simフリースマホ(Zenfone5 A501CG)に変えてみた

2014年12月02日

simフリースマホ(Zenfone5 A501CG)に変えてみた

3年ほど使ってきたiPhone4S。
詳細は良く知らないけど、ショップに言われるままホワイトプラン+パケットし放題フラットで月々6000円以上盗られてたらしいダメ契約パターン。
ショップに行って「パケットし放題forスマートフォンに変えろよ!」と言ったら、「forスマートフォンからフラットには変更できますが、逆は出来ません」ってなんでだよ。
なので一番安いガラケーに機種変更して銀色SIMゲット。
パケット上限無しは怖いのでホワイトプラン+パケットし放題Sで月々2000円台後半~
機種代金払い終えた2年後からは2000円切る感じで、データ通信のON/OFFに慣れた頃にパケット契約も解除したらクソッタレsoftbank様に払うお金はホワイトプランの980円のみ。
3Gスマートフォンの契約ではパケットの契約外せないから羨ましすぎる。

ということでSIMだけ頂いてスマホに突っ込んでみる事にします。
今回はexpansysのnexus4が売り切れてたのでZenfone5の3G機種、「A501CG」を購入してみました。

2014120103.jpgまずはSIMカット。
2014120104.jpgできました。
おめでとうございます。
かなり丸く切ってしまったけど、ちゃんと認識します。テキトー

そしてexpansysから到着したA501CG
今回も3日で届きました。早い。

2014120101.jpg

箱はかっこいいです。

2014120102.jpg

画面も綺麗。動作もサクサク。
これで税込み20,000円。
APNもsoftbankだとopenもplusも登録されてるし、MVNOのiijmioやb-mobileも登録済み。凄い便利!
日本語入力ソフトはちょっと独特な感じで、たぶん中国語入力ソフトを日本語用に改良しただけじゃないかなぁて気がする。
これはgoogle日本語入力をダウンロードすればOK。
このスマホがこの値段ですか。
正直日本のメーカーは値段を下げないと勝ち目無いと思う。
あと、余計なプリインストールアプリは勘弁してください。SHARPさん。
あれが無ければ私の007SHはまだまだ使えました。


2014120105.png

デュアルSIM!
と思いきや、2枚刺して通話SIMとデータSIMを別々で使おうとしたらダメでした。
ネットで調べてみると3Gモデルでは無理なようです。
通話はsoftbank、データはiijmioって出来ると思ったのに、結局ポケットwifi買う事に…

2014120106.png

ステータスバーを下げて出てくるのがこのクイック設定画面。
こういうの正直気に入らないんだけど、主要機能がここでON/OFF出来て意外に便利。
しかも出てくるボタンも選ぶことができます。(この画像はすでにカスタマイズ後です)


2014120107.png

ちょっと残念なプリインストールアプリたち。
日本のスマホに比べたらかわいいもんです。


ちなみに最近日本で発売されて話題のZenfone5 A500KLはこれとほぼ同じでLTE対応版のようなので、iijmioやb-mobile入れて節約したいなぁって人には安心して使える機種だと思います。
難点といえば、nexusやzenfoneは海外ベースの機種なので日本独自のお財布ケータイには対応してません。
suicaやwebマネーをスマホで統一してる人はICカードに戻す必要があります。
私の場合はwaonだけでしたが。


今回のAPN設定

まずは1個目(Zenfoneに登録済み)
※APNタイプ変えて、MMS関連は消しときました
APN:open.softbank.ne.jp
プロキシ:未設定
ポート:未設定
ユーザ名:opensoftbank
パスワード:ebMNuX1FIHg9d3DA
サーバー:未設定
MMSC:未設定
MMSプロキシ:未設定
MMSポート:未設定
MCC:440
MMC:20
認証タイプ:未設定
APNタイプ:default

そして2個目
APN:mailwebservice.softbank.ne.jp
プロキシ:未設定
ポート:未設定
ユーザ名:softbank
パスワード:qceffknarlurqgbl
サーバー:未設定
MMSC:http://mms/
MMSプロキシ:sbmmsproxy.softbank.ne.jp
MMSポート:8080
MCC:440
MMC:20
認証タイプ:PAP
APNタイプ:mms

やっぱり2個目のプリモバイル向けのAPNを登録しないとMMS受信できません。
なんでだろうなぁ。
今回のガラケー用銀色SIMの場合、1個目の設定が重要です。
これをスマホ用の設定などに間違えた状態でデータ通信ONのまま使っちゃうと定額の上限を超えた凄い請求が来ます。(何十万とか余裕)

さて、上記設定でネットにアクセスしたときのMySoftbankの利用明細は、「PCサイトダイレクト@0.1円」。
softbankの「パケットし放題S」とはどんなサービスですか?」って所をみると、
-----------------------------------------------
定額料:372円~4,200円※/月
通信料:0.1円/1パケット

※定額料の上限は、PCサイトブラウザ・PCメールをご利用の場合、5,700円、PCサイトダイレクトをご利用の場合、9,334円となります。
-----------------------------------------------
とあるので、おそらく上限の4,200円を突破して、新たな上限9,334円。
データ通信OFF設定をミスって出歩いちゃうと9,334円行っちゃうって感じだと思います。
この辺の裏設定がまたクソッタレな所です。
まあ、基本的にデータ通信OFF運用でMMS受信のときだけONにする前提なので、もしものときの保険の「パケットし放題S」って感じでしょうか。

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/394