ホームページ > 釣行記 ( トラウト , フライ ) > 宮川上流 久々のフライフィッシング

2008年07月19日

宮川上流 久々のフライフィッシング

今シーズン初フライです。
宮川上流、まるっと4年振りぐらい。
災害前は毎週のようにフライ振りに行ってたのに、もう4年も経つのか…

久々に宮川源流の綺麗なアマゴちゃんに会いたかったので、源流の回復具合の調査も兼ねて行ってみました。

2008071901.jpg

目的の支流に着いてみると、下流部はグチャグチャで美しかった宮川の面影は全く残ってませんでした。
それは上流部まで行ってもほとんど同じ状態で、入渓地点付近は土石流跡に真新しい大堰堤が作られ、水は完全に伏流してました。
それでも水無し川のガレ場を少し上るとわずかに水の流れが出始め、早々に19センチのアマゴちゃん。

2008071902.jpg

あー、これこれ。
丸っこいパーマークにグレーのボディー。アマゴのくせにほとんど朱点が無かったりして、これぞ宮川のアマゴってのが出てくれました。

続いて、細い筋に付いてた19.5センチ。
こいつは白っぽい体色でメチャメチャ綺麗だった。

2008071903.jpg

源流部に近づいて行くと、やっと渓流らしい雰囲気に。

2008071904.jpg2008071905.jpg

しかし暑い。
500mlのペットボトル1本だけでは3時間の遡行は危険です。
ふらふらになりながら最後の1匹。
こいつも19センチ。

2008071906.jpg

本日のパターンは#12と#10のやや大ぶりのソラックスダンのみでした。
前夜に巻いた2本だけしか使わなかったな~

帰りは大台町の「一冨士」で冷やし中華大盛り。
このパターン懐かしいなぁ。


以下、今回見かけた災害の爪跡です。

2008071907.jpg

根っこから抜けて流れてきた杉の木

2008071908.jpg

土石流のガレ場
杭のように見えるのは杉の木がブチ折れて根元だけ残ってるんです

2008071909.jpg

立ち枯れた杉林
多分根元にダメージ受けて死んだんでしょう
根元付近の木の皮が無いのは、土石流がめくり取って行ったんです

2008071910.jpg

ガレ場の中を流れる細い沢
でもアマゴは復活してきてます

2008071911.jpg

林道は完全に無くなったけど橋の残骸だけ残ってます

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/250