ホームページ > 釣行記 ( カワハギ , 沖釣り , 海餌 ) > 鳥羽沖カワハギ

2011年11月06日

鳥羽沖カワハギ

今回はtatsuさんからのお誘いで、初めてお世話になる船宿「魚勘丸」でカワハギ狙い。
結果からいうと夕方からテクニックとか関係無しに釣れまくりで、もうカワハギ釣りはいいかなって感じです。

2011110602.jpg

13時に港を出て30分ほどでポイント到着。
1投目からエサ取られて休みなしでアタリっぱなし。
カワハギ釣りらしい繊細なアタリ取りが続いてあっという間に16時。
そこから壮絶なフィーバータイム。
仕掛けを落としてラインを張ってコツッと来たら100%フッキング。着底してラインを張ったら勝手にかかってるのも珍しくない状態で完全に真っ暗になるまで釣れっぱなし。
これはカワハギ釣りなのか!?
とにかく飽きるぐらい釣らせてもらいました。
潮が早くて40号とか50号のオモリ乗せてたところにカワハギの強烈な引きでしっかり手首が痛いです。

2011110601.jpg

キンチャクダイ。
25センチぐらいあって肉厚でよく引いた。
こりゃ美味しそうだと思ったけど帰って調べたら磯臭くて食えないとの事。
リリースしてよかった…

コメント[2]

お疲れさまでした。
左舷と右舷、まさに天国と地獄でしたな。
普段なら2パック半を消費するエサが、今回は1パックで足りましたわ。(涙)

あのキンチャクダイ、リリースしちゃったんですか!?
てっきり人柱になってくれると思っていたのですが・・・

tatsuさんのコメントへの返信

カゴカキダイがかなり美味しいらしいのでキンチャクダイにも期待してたのですがリリースして正解でした。
しかし40号とか厳しすぎますね。
いまだに手首が激しく痛いです。

コメントする

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/370