ホームページ > 釣行記 ( アオリイカ , エギング ) > 鳥羽から南伊勢 エギング

2007年10月14日

鳥羽から南伊勢 エギング

HOOKING」のJUN氏と引本のボートエギング。
青物が結構釣れてるようなのでオフショアジギングロッド買っちゃいました。

2007101402.jpg

Golden Meanのサーベルダンス SDS-60ULです。
うわー、やっすーい!近くの釣具屋で1万円切ってました。
naturumだとSULが1万3千円台か~
ちょっと高いですね。

リールはショアジギング用に98年型のツインパワー6000番があったので、結構安上がりでした。
(つーか自分の車の年式は言えないのにリールの年式は分かる自分が嫌)
ジグのアシストフックも作って準備OK!台風も出来てないし完璧!
と思ったら夕方「フィッシングオザキ」から電話。
「明日ウネリ結構高いよ~」
工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工
と言うことでキャンセルとなりまして、あまりに暇だったので鳥羽方面へ。
赤潮がだいぶ抜けたとは聞いてましたが、港の奥とかはまだまだ赤錆色!オレンジ色?キモー!
港の外側はだいぶマシでしたが所々赤い感じです。
突堤には前日のものと思われるスミ跡が結構残ってたので一応釣れるみたい。
テンション落ちつつもキャスト。
ぜーんぜん反応ありません。
さっさと移動。
外洋に面したところまで行くと激荒れ!
砂浜の波打ち際が10mぐらいある~
怖いので移動!
次は湾奥!赤い!移動!反応無し!移動!移動!・・・・・・
・・・・・また南伊勢まで来ちゃいました・・・・・・・

南伊勢は水が超クリア。
でも全然反応無し。
唯一反応のあったポイントで1パイだけゲットでした。

2007101401.jpg

しかも触腕が1本しかないし…

はぁー、ダメな日は何やってもダメね~
はい終了。

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/214