ホームページ > 釣行記 ( トラウト , フライ ) > 熊野の渓流でフライフィッシング

2007年04月30日

熊野の渓流でフライフィッシング


今シーズン初のフライ釣行です。
目的地はサツキ釣行のついでに下見しておいた熊野の渓流。
今年はあんまり人が入ってる形跡が無くて魚影も濃い感じ。
普段の入渓ポイントをスッ飛ばして、源流部まで行ってみることにしました。

川に着いてみると、かなりの渇水状態。
1週間前と比べると10cm減どころじゃないです。(多分これで平水)

でもフライを浮かべてみるとかなりの好反応。
目に付くポイントでほとんど反応あります。
しかも釣れてくる魚のコンディションはプリプリの肉厚ボディー。
食ったら美味いんだろうなーなんて思いながらリリースしてあげました。

熊野のアマゴに多いまん丸パーマークがなかなか釣れません。
まん丸が分裂して伸びてる感じ。
まん丸パーマークのアマゴに別のアマゴの血が入った感じかな?

宮川に大変な被害をもたらした2004年秋の水害で、熊野の渓流もかなり被害を受け、川に大量の土砂が流れ込みました。
伏流する水量が増えて、平水時の水位がかなり下がってる気がします。
見てのとおり水はチョロチョロ。
魚もかなり警戒しているようなので、離れた場所からのアプローチとなります。

源流に近づくにつれ、だんだん水が枯れてきて終了間近。最後のちょっと大きなプールで出た1匹。
ムチムチぽっちゃりのナイスなアマゴ。
水が少なくても食べ物って結構あるんですね。
ここでもパーマークがちょっと変。

この日は熊野のまん丸パーマークのアマゴに出会えませんでした。

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/195