ホームページ > 釣行記 ( トラウト , 川ルアー , 川餌 ) > 備後川へ行ってみた

2004年09月04日

備後川へ行ってみた

2004090401.jpg
ちょっとだけ遠征な気分で備後川へ

2004090402.jpg

今回一緒に行くのは、かなり久しぶりの山猿1号。
彼はエサに始まり、フライに手を出し、ルアーもやってみたりと色んな釣り方に手を出したけど、結局エサに落ち着いたようです。
でもそんな事言いながら、ちゃっかりルアーロッドも積んで来たりして、今回もしっかり二刀流です。

私はと言いますと、備後川の大淵で一発大物狙いのルアー一本勝負。さて、結果や如何に。
ちなみに私もエサに始まり、フライにはまり、ルアーにも手を出し始めて、現在フライとルアーの掛け持ち状態です。

2004090403.jpg

気になったのが山猿1号のウェーディングシューズ。
鮎足袋らしいですが、紐がレモン色でアマゴも逃げ出しそうな派手さです。
一応ダイワとか言ってました。
カタログに載ってませんけど…
正直、どうでもいいです。

2004090404.jpg

早速釣れましたよ!
グッドサイズのカワムツ君!!
他にもアブラハヤやウグイは結構釣れましたよ。
ルアーも同じような感じ。
20cmオーバーのカワムツがヒットしてロッド曲がりまくり。

とりあえず源流ルアーやってみて、毎回思うのが、思ったほど狙えるポイントが多くないって事。フライで狙ってたような20cm四方ぐらいの小さなポケットとか狙いようが無い。まずルアーが投げ込めません。(←ヘタ)
もし投げ込めたとしてもルアー引く長さなんてありません。
そう言う場所の狙い方ってのもあるのかもしれませんけど、まぁ大物狙いなので、そんな小さなポイントは無視。かなり心引かれながらも山猿1号の餌にまかせました。

とは言ったものの、さすがは備後川。
大場所が結構あって、それなりにルアーでも楽しませていただきました。
山猿1号のミミズにはガンガンアタリまくり。 結構な数釣ってました。
久しぶりに見るエサ釣りも面白そうですなぁ。
流れる目印の動きを見てるとドキドキします。

2004090405.jpg
2004090406.jpg

30歳間近のおっさん予備軍2名は吊り橋に乗ってウヒャウヒャはしゃいでおりました。

おそらく管理釣り場を除いて、今シーズンの渓流釣りはこれでおしまいでしょう。
シーズン最後を良い川で締められたんじゃないでしょうか。


2004090407.jpg2004090408.jpg2004090409.jpg
さすが世界遺産の山
景色は最高!

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/163