ホームページ > 釣行記 ( テナガ・タナゴ , 川餌 ) > 櫛田川のテナガエビ

2004年07月10日

櫛田川のテナガエビ

2004071001.jpg

なんやこいつ、むっつかしいのぉー!
早く上げると針に掛からんし、待ちすぎるとエサだけ取っていきやがる。

途中、100円ショップでタモを買い、ついでにちょうどええ感じの竹竿まで売ってたからそれも購入。
その竿の先にテグスを結び、なるべく小さい針を直結。
適当な位置にオモリを打って仕掛けは完成。
玉ウキかシモリがあれば一番ええんやけど、今回は見えてるエビを釣るつもりやったからウキは必要無い。
まぁ、ほんとは途中の釣具屋でウキ買ってく予定やったけど、めんどくさかっただけや。

エサはなんでもええ。

2004071002.jpg

炎天下、テトラの下をタモでこすりまくる。
これが一番の成果を得られる漁法。
でも、これは平らなテトラのヘチにくっついてるエビに限られる。
地面を歩いてる大きなエビは釣るのが一番や。
目の前にエサ落としたると簡単に抱きついてくる。
ああ、アホなやつらやなぁ…

2004071003.jpg

しかし、意外に手ごわいのが外道の存在。
チチブ系のハゼの仲間や。
こいつら動くものには何でも食いついてきやがる。

これはこの日最大のハゼの仲間。
15cmは超えてた。
掛かった瞬間、100円ショップの竹竿がひん曲がってビビったやないかい。

とにかく、なかなか面白い遊びです。
子供の頃のザリガニ捕りと同じ感覚です。
さらに、このテナガエビ、から揚げにすると結構美味い!
ビールのつまみに最高でっせ。


2004071004.jpg

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/161