ホームページ > 釣行記 ( カレイ , 投げ釣り , 海餌 ) > 答志島でカレイ狙い

1999年12月04日

答志島でカレイ狙い

1999120401.jpg

シーズン最後はやっぱりカレイ!
今年も答志島のカレイ釣りに行ってきました。

1999120402.jpg

朝6時に同行者が自宅に迎えにきてレッツラゴー。
朝のバイパスは空いてます。7時過ぎに佐田浜に到着。
ちょっと早すぎたかな…
とりあえず車をボッタクリ有料駐車場に放り込んで定期船乗り場へ
目指す答志港への一番船は8時です。

1999120403.jpg 1999120404.jpg

いつものことですが、船着場には同じ格好をした人たちがいっぱいいました。
いつでも釣りが出来るスタイルに、クーラーとカバンを積んだ荷車に竿ケース。
皆さんそのまま鳥羽市営の定期船に乗り込んでいきます。
そんなイカレた人たちを載せて、船は答志港に向かって進んで行くのでした。

さて、答志港に船が着きました。
ここから場所取り合戦の始まりです。
みんな平静を装っていますが、かなりの早歩きで荷車を引っ張りながらポイントに向かいます。
はっきり言って皆さん笑えます。(自分もその中の一人ですが…)
中には、段差を越える時に荷車を倒してしまい戦線離脱する人も…(ニヤリ)

そんなこんなでポイント到着。
皆さんクロダイ釣りの方たちだったようで、投げ釣りポイントは2人で独占できました。
いつもならズラッと人が並ぶのに、今年もカレイ不調なのかな?
とりあえず針にマムシを付けて第1投。
しかし、なんもアタんないです。
ちょっとさびいてくると早速根掛かり。
しかも海藻天秤ごと切れちゃった。
あ~あ、仕掛け4本しか作ってないんだよな…

1999120405.jpg

とりあえず仕掛けを付け替えて、今度は投点を少しずらします。
着底1分後にゴツゴツってアタリ。
少し糸を送ってやるとグイグイ持って行きます。
おーっと、アイナメちゃんかー?
ウリャー!っと大アワセ食らわせて巻いてくると、なんか水面でくるくる回ってる。
でっかいショウサイフグでした。
うーん、でか過ぎ。

1999120406.jpg

もう一回おんなじ場所に投げると、今度はコツンッってアタリ。
今度はカレイのアタリっぽいので針を飲むまで少し待ってあげます。
すると、待ってる間にすごいアタリ。
なんやアイナメやったんか。
巻いてくるとイシガレイとアイナメのダブルでした~。
カレイが20cm超えるぐらいで、アイナメが25cm超えるぐらいかな。
さー時合いやー、どんどん釣るでー、と思ったら後が続かず…
なんや、結局いつものパターンかいな…

投げの方はどうしようもないぐらいアタリが無いので、お土産用にメバルを狙ってみることにします。
エサはシラサエビ、磯竿に胴突き仕掛けをセットします。
1投目、
はいよー、15cmオーバーのメバル一丁!
でも、その後が続きません。
なんや、メバルも全然あかんやん。

1999120407.jpg

次は底物狙い。
シラサエビ付けてドーンとぶっ込むと…
なんかアタリましたー、おおーよー引くやんか。
25cm足らずのタケノコメバル。
ついでにカサゴもゲット。

1999120408.jpg

で、投げておいた投げ釣りの仕掛けを巻いてくると何か重い…
おおー、カレイ付いてるやん!
放ってあったから、3本針全部食べてる…
なんちゅー意地汚い奴や。
今度のはマコガレイ。サイズはさっきのと同じ。

とりあえず、ここで記念撮影
同行者がそこそこメバル釣ってました。
(でも少ない…)
1999120409.jpg

1999120410.jpg

そしたら、記念撮影の直後に同行者の竿にスンゴイアタリが!!
グイグイ巻いてくると、巨大なアイナメの顔が水面に浮かんだ。
「なんじゃそりゃー!!」
あーあ、最後の最後に負けた感じ…
34cmのアイナメでした。
卵でパンパン。まるまる太ってました。

いつの間にやら午後3時半。
帰りの船の時間が近づいてきました。
以上、今日はここまで。
答志島にしてはメチャクチャ貧過やん。
やっぱりメバル20匹は欲しかったな…
立て続けに釣ったように書きましたが、結構、合間合間の時間が長かったりします。
いつもだと、もうちょっと魚のアタリで忙しいんだけどな…

とにかく、まだ水温が高くてエサ取りがわいてます。
普通の年より、海の中は1ヶ月ほど遅れてる感じですね。

この記事のトラックバックURL

http://fmie.cside7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/86